大型機械加工の株式会社協栄 shadow


CNCターニングセンタ Neoα-28EX New CNC横中ぐり盤 KBT-13・A New
NCターニング TUE-15 NCターニング TUE-20
立型マシニングセンタ MILLAC 80V 立形ターニングセンタ VTM-100
立型マシニングセンタ VMC-650 NC横中ぐり盤 BTD-11E.R13
大型旋盤 DHM90 NC旋盤 TAC-650





◆ Neoα-28EX
テーブル直径 Φ2800mm
最大旋削外径 Φ3000mm
最大スイング Φ3000mm
最大旋削高さ 2000mm
最大加工物質量 20000kg
最大トルク 40000N-m
最大切削力 25000N
ラムヘッド上下移動量 1250mm
ラムヘッド断面寸法 240mm×240mm
ラム通過可能なる最小内径 Φ330mm
ラムヘッド左右移動量(テーブル中心より) 右2010mm/左100mm
ATC収納本数 24本
早送り速度(X軸・Z軸) 10000mm/min
最大ドリル径 80mm
最大タップ径 M42×P4.5mm
テーブル回転速度 1〜130min-1
回転主軸回転速度 25〜2500min-1
クロスレール上下移動量 1200mm
設備説明
テーブル径Φ2800の高剛性立旋盤
かつての汎用機をベースとした十分な剛性に加え、丸型カバーコモヘッド方式等により省スペース性に優れた機械です。





◆ CNC横中ぐり盤 KBT-13・A(倉敷機械)
テーブル作業面の大きさ 1,800mm × 2,200mm
主軸径 φ130mm
ストローク X2,500mm Y2,000mm Z1,300mm
主軸繰出し 700mm
ATCツール本数 60本
設備説明
平成24年に導入したCNC横中ぐり盤です。コラムトラバース方式を採用し、重量物ワークに対応、接近性も向上しています。
センタースルークーラントを搭載、深穴ドリル加工もパワフルに削れます。





◆ NCターニング TUE-20(東芝機械)
最大加工径 2,300mm
最大加工高さ 1,500mm
テーブル直径 2,000mm
設備説明
平成18年に導入した、当社の最新機械です。
最大φ2,300までの加工が可能です。当社の加工の幅が広がりました。シングルコラム機ですが、ダブルコラム機並の切削能力を持っています。 チップスクレーパー付きなので、キリコがかむことがありません。
加工品例
TUE-20加工品例1 TUE-20加工品例2




◆ NCターニング TUE-15(東芝機械)
最大加工径 1,800mm
最大加工高さ 1,500mm
テーブル直径 1,500mm
設備説明
平成10年に導入したNCターニングです。
加工内容はTUE-20 と同じです。この機械を入れる前は汎用機を使っていましたが、 この機械を入れたことで、より複雑形状の加工が可能になりました。 高型なので、最大加工高さが標準型と比べて600mmほど高くなっています。
加工品例




◆ 立形ターニングセンタ VTM-100(オークマ)
最大加工径 1,000mm
最大加工高さ 840mm
最大ワーク積載重量 800kg
テーブル直径 1,000mm
設備説明
シングルツール+ATC(36本マガジン付)で旋削機能とミーリング機能を備え、加工工程集約化を実現しました。多品種少量生産に最適です。
ターニングセンタの刃物台は一般的にターレット型とシングルツール方式があります。ターレット型はツールマガジンを必要としないので機械の省スペース化が可能ですが、

・工具本数が少ない
・工具が干渉しやすく、接近性が悪い

等の欠点があります。このVTM-100は36本ツールマガジンを備えたシングルツール方式ですので、工具干渉せず、刃物の機能を最大限に生かすことが出来ます。
さらに、ミーリング機能を備えているので、従来旋削をしてからマシングセンタで穴あけをしていた工程が、この1台で加工できるので、加工工程集約が可能です。




◆ NC横中ぐり盤 BTD-11E.R13(東芝機械)
テーブル作業面の大きさ 1,120×1,250
ストローク X1,600 Y1,250 Z1,130
主軸径 Φ110
主軸繰出し 500
B軸(テーブル最小割り出し角度) 0.001°毎
設備説明
平成7年に導入したNC横中ぐり盤です。
フライス・ドリル・タップ等の加工をNCプログラムで自動加工する機械です。 高精度自動テーブル割り出し機能があるので、作業の効率化が実現できます。自社にて冶具・刃物等を設計・製作し、異形物や難加工材に対応いたします。
加工品例




◆ 立型マシニングセンタ MILLAC 80V(大隈豊和)
テーブル作業面の大きさ 2,400×870
ストローク X2,000 Y820 Z600
ATC工具本数 40本
設備説明
平成20年に導入したマシニングセンタです。
X軸ストロークが2,000mmなので、より大きなワークの加工が可能です。テーブル作業面も大きいので、複数個のワークを一度にセットできるので 工程の短縮が図れます。
また、工具本数が40本と非常に多いので、ツールセッティングに余裕ができて効率的に加工できます。板材の穴加工等、なんでもご相談ください!




◆ 立型マシニングセンタ VMC-650(東芝機械)
テーブル作業面の大きさ 1,600×700
ストローク X1,300 Y650 Z610
ATC工具本数 24本
設備説明
平成18年に導入した立型マシニングセンタです。
フライス・ドリル・タップ等の加工をNCプログラムで自動加工する機械です。 当社で初めての立型の工作機械です。 これにより、今まで横型で加工していた品物でも立方向からの加工が可能になりました
加工品例




◆ 大型旋盤 DHM90(大日金属工業)
最大芯間距離 6,000
ベッド上の振り 650
ベッド長さ 8,020
設備説明
安定した強力切削と精密切削が同時に実現できるように、各部の剛性に重点が置かれた設計になっています。最大芯間距離が6,000mmもありますが、精度は外径で±0.01mm以内に収めることができ、精度は保障いたします。 他社ではできない大物の加工が可能です。自社にて冶具・刃物等を設計・製作し、異形物や難加工材に対応いたします。
加工品例




◆ NC旋盤 TAC-650 (滝澤鐵工所)
最大芯間距離 2,000
ベッド上の振り 650

設備一覧

Copyright(c)2007 KYOUEI co.,ltd All rights reserved   株式会社 協栄
〒651-2124 神戸市西区伊川谷町潤和762-11(神戸鉄工団地内)
TEL(078)976-7061  FAX(078)976-7062